ネット、読書、お昼寝、ときどきお仕事。インドアな毎日の中で、自分のアンテナに反応したこと。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次の仕事との間が少し空いて、
気分的にもラクになったので、
ふらふらと本屋さんへ立ち読みに。
めずらしく、発売日に雑誌を買いました。

アソシエは月刊になったんだね。
月刊のほうが読みやすいかも。
以前はずいぶん買っていた時期もあったんだけど、
特集は繰り返されてるからね( *´艸`)
とはいえ、つい買いたくなってしまうのが、
手帳術、ノート術、文具術の特集。

最近、こういう情報に疎くなってるというか、
あまり自分から情報を集めていなかったので、
最近はこんなのが売ってるんだ~と、参考になりました。

ペンと紙の相性については、あまり知らなかったのでよかった。
文具本の紹介のところは、読んでみたい本がけっこうあった。
実際の文具の活用術については、
クリエーティブ系の方々よりも、アソシエ読者の方々の文具の使い方のほうが、
私としては役にたったかな。

ただ、
スマートフォンを持ってなくて、
家にいるので文具の持ち歩きをほとんどしない私にとっては、
アプリとか、ミニ文具とかは、
あんまり・・・という感じ(-.-)

付録のテンプレート定規には、
ほぼ日のテンプレートにない形もあったので、
これを使って手帳にお絵描きします。


にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト
RELAX HACKS!RELAX HACKS!
小山 龍介 小室 淑恵

マガジンハウス 2010-09-09
売り上げランキング : 1202

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


先週、座り読みできる本屋さんに行って、たっぷり読んで(ちょっと買って^^;)きたので、
めずらしく新刊の感想を。

最近のビジネス本って、ただ頑張って仕事の効率を求めるよりも、
うまく気分転換することによって、その結果もっと効率が上がりますよ、
みたいな流れの本が増えたような気がしますが、
この本はまさにそういう感じです。

現在リラックスしすぎた生活をしている私には、
この本に書かれているライフハックはあえて必要ないかもしれないですけど・・・。

「仕事のストレスをなくすためのリラックス方法って何?」
とまで考えなくても、
「何か新しいこと始めてみたいけど、どんなことがあるかな~?」
のヒントになることが書いてある本だと思います。
だから、会社勤めしていなくても、採り入れられそうなものが結構あります。

この本は、小山さんと小室さんの共著ですが、
おすすめしている行動や商品の紹介の中で、
どちらの方がおすすめとしているかがわかるように書かれています。

すでに『ぷっ』すまを見たり、radikoを使ったり、JUNKのPodcastを聞いたりしていて、
この秋にホームベーカリーを買おうとている私としては、
小山さんのおすすめのほうがピンとくるものが多かったです。
(これらは小山さんのおすすめとして書かれているのです。)

ほかにも、観葉植物、お茶、水、入浴剤、アロマなど、リラックスのためのさまざまな提案が。
もちろん、もっと仕事術っぽいものもありますよ。

各ハックで、具体的に特定の商品が挙げられていますが、
好みに左右されるものも多いので、
一例として参考にする程度にして、
実際に何か買うのなら、専門のサイトや雑誌を読んだほうがいいと思います。

ふだんビジネス書を読まない人でも、入りやすい本です。
ずっと家に居て変わりばえない生活だけど、ちょっとだけ新しい習慣を!と思っているならぜひ。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)
香山 リカ

幻冬舎 2009-07
売り上げランキング : 3390
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「〈勝間和代〉を目指さない」で有名な(?)こちらの本、もう出版されて1年なんですね~。図書館の予約を待っていたので、今さら感たっぷりのこの時期に読みました。

私にとっては、この本の中で、勝間さんに関する章よりも響いたのは、
「仕事に夢をもとめない」でした。

ごくごく簡単にまとめてしまうと、
「本当に好きなこと」を仕事にしなくたっていい。生活のため、お金のために働くのだって十分に意味がある。
ということです。

香山さん自身が、「生活のために働いている。宝くじで大金が当たったら仕事を辞める。」と考えているのは少し意外でしたが、この章の中で、

・「本当に好きなこと」とは違っていても、その中である程度長くやっていると、だんだん技術が身についていく。
・仕事でたとえ失敗しても、「これはしょせん好きな仕事じゃないんだから」という逃げ道があるので、激しく落ち込まずにすむ。

この2つに深く共感しました。

私は、正直に言うと、今の仕事がどうしても好きになれません。
この仕事に就くことを目指して頑張っている人、「本当に好きなこと」として仕事をしている人も多いので、このことはリアルでは他人に言わないようにしています。
宝くじで大金が当たったら、すぐに辞める予定!

でもやっぱり「好きなこと」を仕事にしたくて、
仕事を変えるのではなく、今の仕事を「好き」になる方法を見つけるために、
かなりの時間やお金を費やしたような気もします。
それでもやっぱり、好きになれないのです。

それならなんでこの仕事を目指したの?ってことですが、
20代半ばに、今の仕事に就くための勉強を始めたきっかけは、
「家で仕事ができそうだから」という甘っちょろいものでした。

もちろん最初から在宅の仕事がもらえるわけないことはわかっていたので、
最初は、契約社員や派遣など、いろんな職場で働きました。
そこで働いているときにはあまり気が付かないのですが、
別の職場に行ったり、今、家で仕事するようになってから、
前に働いていたときの経験や知識が役に立ったりすることも結構あるのです。

それから、この春~初夏にかけて、もらえる仕事を増やそうと、いくつか新しいところに応募したりしたのですが、
結果は見事に・・・(泣)
そのときも、
「まあいっか。今のところからある程度仕事もらえれば、別にこれ以上増やさなくてもいいんだし。要はお金がもらえればいいんだから。」
と自分をなぐさめました。
こういう逃げ方はしょっちゅうしているような気がする^^;

ということで、この本に背中を押され、
「今の仕事をムリに好きになろうとすること」をやめることにしました。
「家で仕事をする」という最初の夢(?)は、少しずつだけど実現できているんだし、
それで十分!と思うことにします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
思考の整理学 (ちくま文庫)思考の整理学 (ちくま文庫)

筑摩書房 1986-04-24
売り上げランキング : 52
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


話題の「思考の整理学」ですが、やっと図書館貸出の順番がまわってきて、読みました。

で、やってみよう!と思ったことは、
ノートやアイデアのところではなく、
「朝飯前」のところ。
この本のメインとは少しはずれていますが・・・。

朝に食事をとらず、「朝飯前」の時間を長くして、お昼近くにブランチをとり、
できれば昼寝をして、起きてからは夕食までの時間を「朝飯前」とする。
そうすると、頭がすっきりしている時間が長くなり、効率的にものを考えることができる。

とのことです。

1日中家にいる日は、実践しています。
私の場合、朝ごはんをたくさん食べてしまうと、午前中でもウトウトしてしまうことがあったので、これはなかなかヨイ!
途中お腹がすきますが、何かやってればそれほど気にならず、ブランチというよりお昼まで食べないことが多いです。

ランチ後のお昼寝は、
この本に言われるまでもなく^^;
今までもしょっちゅうやっていましたが、
今までは、なんとなく寝てしまい、起きてから「あ~寝ちゃった!!」とイライラすることもあったのですが、
ベストセラー本に後押しされてする昼寝は前向きです(^^)
「朝飯前」時間をつくるための昼寝!

昼寝で寝すぎてしまうとダメなんですが、
ある程度の時間でちゃんと起きられると、
夕方~夜もテキパキ動けます。

しかし、この生活に慣れてしまうと、
たまに会社行く日がツライ。
オフィスでお腹が鳴らないように、朝ごはん食べるし、
昼寝もしないし、
そして・・・午後はとてつもなく眠くなるのです。

ここ最近、そとしごとよりもいえしごとの割合のほうが増えてきて、
私としては嬉しい限りです。
年明け納品が終わってからは、のんびりでしたが、
来週はちょっと忙しくなりそうな予感。
昼寝しすぎないように気をつけます。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
びっくりしました。

お正月は、ブログ巡りもあんまりしていなかったので、何も気づかず、
今さら感たっぷりですが・・・

昨年、セミナー(記事はこちら)に参加した水野俊哉さんのブログ
2008年ブロガーマトリックスに、
なんと、このブログがひっそりと載っております。

セミナーに参加し、ブログで本の紹介をした、というご縁で載せていただいたのは、よ~くわかっています。
他のブログは、みんな、有名ブログばかり。
ホント、恐縮してしまいます・・・。

しかもこのブログ、
「ビジネス書」以外のことのが多かったりする^^;
「書評」なんて立派なものは書いたことがないような・・・
ただ読んで思ったことをとりとめもなくつぶやいてるだけなのです。

でも、正直、嬉しかったです。
「もっと幸せ追求」ゾーンも、個人的には気に入りました。
どうしたら幸せを感じながら暮らせるか?をいつも考えているので。
水野さん、本当にありがとうございました。

今後も、タイトル通りのゆるいブログになる思いますが、
よろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。