ネット、読書、お昼寝、ときどきお仕事。インドアな毎日の中で、自分のアンテナに反応したこと。

2008/091234567891011121314151617181920212223242526272829302008/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「お金を稼ぐ!」勉強法
「お金を稼ぐ!」勉強法藤井孝一

三笠書房 2008-07-18
売り上げランキング : 1225

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
脳が悦ぶと人は必ず成功する (Nanaブックス (0072)) (Nanaブックス (0072)) 脳と心を味方につける マインドハックス勉強法 やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている (Kobunsha Paperbacks Business (019)) 脳が教える! 1つの習慣 フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術


●何が書いてあるの?
・勉強するだけで終わらせるのではなく、アウトプットを通じて、稼ぎを生み出すようになるまで育てる。
・いきなり稼ごうと考えず、「役立とう」と考える。最初は無料で働く。
・会社や世の中が求めているものについて「専門家」を名乗る。
・勉強の途中でも「専門家」を名乗り、それに見合うように努力する。
・資格を取ったら、それを使って自分の新しいビジネスをつくり上げてみる。
・モチベーションアップには、小さな成功体験を積み重ねる。
・行動を習慣化させるには、日常必ずやることの中に習慣化したい行動を組み込む。
・まずは3日、次に3週間、何も考えずに続ける。そして3か月続けられれば習慣になる。
・多くの本にあたるうち、自分に合った本を見つけるのがうまくなっていくので、最初は多くの本を斜め読みする。
・旬のテーマをタイムリーに学び、いち早く専門家になれる人が生き残る人。
・勉強は、まず広く浅く、全体像を把握する。

●何を得たの?
・勉強ばっかりして、お金にならないからさらに上級の勉強をする・・・で人生を終わらせちゃダメ!
・ただ、私の場合、稼ぎにつなげる以前に、勉強を続けるモチベーションをUPすることが必要かも(/_;)
・何で勉強→稼ぎとするか、テーマが思い浮かばない。今やっていること?これから何か新しいことはじめる?もっと考える必要アリ。

この本の著者、藤井孝一さん主催の
お金を稼ぐ勉強法-講演だからお話しできること
に参加してきました。

[「お金を稼ぐ!」勉強法]の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
来年のほぼ日手帳、9/1から発売になっていましたが、
今日やっと申し込みました。

私は2006年から使っています。
以前はプリントカバーがすぐに売り切れちゃったりするので、
発売日の発売開始時間に、会社からコッソリ申し込んだりしたものですが、
もっと大量に作るようになったんでしょうか?今年はのんびり迷っていました。

2005年の秋にほぼ日の存在を知り、
サイトや本など読んでいくうちにすっかりハマってしまいました。

まあ、ほぼ日を使う前から手帳は大好きで、
秋になると、ハンズやロフトをうろうろして、
どの手帳にしようか迷って、
買ったら買ったで、どう使おうか迷って。
それが楽しいんですけどね。

私は、サイトや本に載っている人たちのように激しく使い込んではいませんが、
(実際、2008年版も白いページがけっこうあったりする・・・。)
ほぼ日を使うようになってから変わったのは、
ペンを使って書くようになったことかな。
mixiやブログなどから、多色ボールペンの情報なんかを得たりして、
カラフルに書くようになり、
間違ったらぐしゃっと消すようになりました。

それまでは、シャーペン一色で書いて、
間違えたり、予定が変更になると消しゴムでキレイに消すという
神経質なヤツでした。

で、2009年版は
・ファブリック・シャーツ・オレンジ
・プリント・ベージュドット
・プリント・グリーンギンガム(カバーのみ)
を買いました。
まだ使い分け方は迷っているのですが、2冊買っちゃいました。
カバーのみのほうは、
これも気になっている文庫本ノートのカバーに使ってみようかと思っています。

来年からは、手帳に絵や図を入れることを意識してみようかと思います。
字を書くことは好きなんですが、絵心のほうは全くなく・・・。
でも、今年夏に行ったセミナーなどの影響を受け、
字以外で表現することの大切さを学んだので、
自分なりに実践してみます。

ほぼ日に限らず、秋になると手帳の話題が増えてくるので、楽しみです。

あ、あと読んだ本の紹介の仕方ですが、
まだ迷っているので、思いつきで書いています。
自分が後で読んだとき、その本を思い出せて、今後役に立つような書き方をしていくつもりです。

↓今年発売予定です。
ほぼ日手帳公式ガイドブック あなたといっしょに、手帳が育つ。
マガジンハウス
ほぼ日刊イトイ新聞(編集)
発売日:2008-09-25


↓2006年版とほとんど同じとのことだったので、読んでない・・・。
ほぼ日手帳の秘密 2007
幻冬舎
発売日:2006-10-26
おすすめ度:4.5


↓私がほぼ日手帳を使うきっかけとなった本です。

●何が書いてあるの?
・ほぼ日手帳の歴史、使用例など。

●何を得たの?
・使用例を見て、「あっこんな使い方もあるのね」とまねっこしてみよう!
・他の人が手帳にどんなこと書いてるかってスゴク興味あります。実際の手帳の中身の写真があるんだけど、読める範囲でじ~っくり内容を読んだりしました。雑誌の「あなたのカバンの中見せてください」特集が好きな人なら楽しめるはずです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
関連記事
購読中の速読のメルマガで、

読書を習慣づけるには、
・本や読書そのものを目的にしないで、本を通じて行動するところにワクワクしていけばいい。
・「本と自分の接点」をしっかりと作るような楽しみ方をしてみる。

ということが書いてありました。

先週参加した英語関連のセミナーでも、

・「~したい」という欲求を「仮想ゴール」とし、それに向かうプロセスで生まれる「副産物」を英語にすると、英語の勉強を継続しやすいし、成果も出やすい。

というお話がありました。

偶然にも、同じ時期に根っこの部分が同じアドバイスをいただきました。

その「ワクワクする何か」が漠然としているんです、今の私。
とりあえず、自分の内なる声に耳を傾けて、
直感で「好き」とか「楽しそう」って思えることのアウトプットを積み重ねていけば、何か見えてくるかな。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
関連記事


クウネルの付録のカレンダーが大好きです。
絵はもちろん癒されるのですが、
絵の下のひとことが、意外と重かったり考えさせられたり。
それもまた好きです。
来年もカレンダーの付録あるかな。
あったら絶対買おう。

クウネルの本 クウネルがゆく (クウネルの本)
マガジンハウス
発売日:2005-09-20
おすすめ度:4.5


にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
関連記事
今日から新しいブログをはじめます。

本の紹介を中心に、自分のアンテナに反応したものについてアップする予定です。

この最初の記事を1年後にどんな気持ちで私は読んでいるんだろう?

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。