ネット、読書、お昼寝、ときどきお仕事。インドアな毎日の中で、自分のアンテナに反応したこと。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来年のほぼ日手帳、9/1から発売になっていましたが、
今日やっと申し込みました。

私は2006年から使っています。
以前はプリントカバーがすぐに売り切れちゃったりするので、
発売日の発売開始時間に、会社からコッソリ申し込んだりしたものですが、
もっと大量に作るようになったんでしょうか?今年はのんびり迷っていました。

2005年の秋にほぼ日の存在を知り、
サイトや本など読んでいくうちにすっかりハマってしまいました。

まあ、ほぼ日を使う前から手帳は大好きで、
秋になると、ハンズやロフトをうろうろして、
どの手帳にしようか迷って、
買ったら買ったで、どう使おうか迷って。
それが楽しいんですけどね。

私は、サイトや本に載っている人たちのように激しく使い込んではいませんが、
(実際、2008年版も白いページがけっこうあったりする・・・。)
ほぼ日を使うようになってから変わったのは、
ペンを使って書くようになったことかな。
mixiやブログなどから、多色ボールペンの情報なんかを得たりして、
カラフルに書くようになり、
間違ったらぐしゃっと消すようになりました。

それまでは、シャーペン一色で書いて、
間違えたり、予定が変更になると消しゴムでキレイに消すという
神経質なヤツでした。

で、2009年版は
・ファブリック・シャーツ・オレンジ
・プリント・ベージュドット
・プリント・グリーンギンガム(カバーのみ)
を買いました。
まだ使い分け方は迷っているのですが、2冊買っちゃいました。
カバーのみのほうは、
これも気になっている文庫本ノートのカバーに使ってみようかと思っています。

来年からは、手帳に絵や図を入れることを意識してみようかと思います。
字を書くことは好きなんですが、絵心のほうは全くなく・・・。
でも、今年夏に行ったセミナーなどの影響を受け、
字以外で表現することの大切さを学んだので、
自分なりに実践してみます。

ほぼ日に限らず、秋になると手帳の話題が増えてくるので、楽しみです。

あ、あと読んだ本の紹介の仕方ですが、
まだ迷っているので、思いつきで書いています。
自分が後で読んだとき、その本を思い出せて、今後役に立つような書き方をしていくつもりです。

↓今年発売予定です。
ほぼ日手帳公式ガイドブック あなたといっしょに、手帳が育つ。
マガジンハウス
ほぼ日刊イトイ新聞(編集)
発売日:2008-09-25


↓2006年版とほとんど同じとのことだったので、読んでない・・・。
ほぼ日手帳の秘密 2007
幻冬舎
発売日:2006-10-26
おすすめ度:4.5


↓私がほぼ日手帳を使うきっかけとなった本です。

●何が書いてあるの?
・ほぼ日手帳の歴史、使用例など。

●何を得たの?
・使用例を見て、「あっこんな使い方もあるのね」とまねっこしてみよう!
・他の人が手帳にどんなこと書いてるかってスゴク興味あります。実際の手帳の中身の写真があるんだけど、読める範囲でじ~っくり内容を読んだりしました。雑誌の「あなたのカバンの中見せてください」特集が好きな人なら楽しめるはずです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。