ネット、読書、お昼寝、ときどきお仕事。インドアな毎日の中で、自分のアンテナに反応したこと。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
成功ハックス
成功ハックス大橋 悦夫

青春出版社 2008-11-22
売り上げランキング : 204
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大橋悦夫さんの最新刊です。

この本の最初に載っているハックス
毎日5分だけ「やりたくないこと」と「やりたいこと」を書く
は、10月に受講した大橋さんのセミナー(記事はこちら)でもお話しがあり、
セミナーの翌日から続けています。
ときどき書かない日があったり、週1の読み返しを忘れちゃったりすることもあるのですが・・・。
私は携帯よりも手帳を見る機会のほうが多いので、手帳に書いています。

5分間で思いつきで書いているので、とても人にお見せできるものではありませんが、ある程度の期間書いてみると、ずっとずっとやりたいと思い続けていることもあるし、やりたかったのはその時だけだったんだというのもある、ということがわかります。
まだ、「最終的に何を目指したいか?」を見つけるところまではいっていないんです(/_;)
なので、今後も続けていこうと思います。
「あの頃こんなことやりたかった(やりたくなかった)んだ~」と後々見返して楽しむこともできそうだし。

この本には、他にも、読書、継続に関するハックスなど、実践してみたいものがたくさんありました。
それぞれに手順やサンプルが細かく書かれているので、とりかかりやすいです。
ビジネス書ですが、仕事以外にも役立てられる本だと思います。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
成功するのに目標はいらない!―人生を劇的に変える「自分軸」の見つけ方
成功するのに目標はいらない!―人生を劇的に変える「自分軸」の見つけ方平本 相武

こう書房 2007-07
売り上げランキング : 39420
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


タイトルの「自分軸」というところに反応して読みました。

ここしばらく、「私ってこの先どうなりたいんだろう?」と考えてばかりいます。
いい歳して自分探し中です。

ある出来事があってから、人生、残り時間を意識するようになりました。
残りの人生、なるべく、心から楽しめたり、ワクワクしたり、穏やかに感じたりする時間の割合を多くしたい。
そのためには、どう生きたらいいの?
その答えを見つけたくて、もがいている気がします。

この本では、
行動・判断の指針となるもの、動機づけになる「やる気の素」を、「自分軸」と定義しています。

自分軸には次の2つの傾向がある、と書かれています。
・ビジョン型
→実現したい未来のありたい姿を思い描くことでやる気が出る。「ありたい姿から逆算して設定した目標」を達成し、「近づいてる感」が重要。
・価値観型
→自分にとって大事なこと(自分らしさ)を満たそうと思うことでやる気が出る。「自分らしさが満たされたと感じられる出来事」を積み重ね、「満たされた感」が重要。

私、価値観型です。たぶん。

今の仕事も、「この職業に就きたかった」とか、仕事の内容そのものよりも、
「締切さえ間に合えば、ある程度自分のペースでコツコツ、モクモクできるから」
という理由で選んでいる気がするし。
たぶん、同じようなタイプで、同じような報酬で、自分に身につけられそうなスキルの仕事があれば、今の仕事辞めても全然未練なかったりする・・・。

そして、漠然と描いている理想の生活は、ここに書いたような感じ
現実から逃げたいだけじゃん、っていう気もするけど、でも、やっぱりこういう暮らしができたら毎日が充実すると思う。

「ビジョンは何?」と言われても考え込んでしまうような私にとっては、元気づけられた本でした。
この本を参考に、もうちょっともがいて(/_;)自分軸を探してみます。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
お金持ちになるマネー本厳選50冊
お金持ちになるマネー本厳選50冊水野 俊哉

講談社 2008-11-15
売り上げランキング : 1616

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
成功本51冊もっと「勝ち抜け」案内 (Kobunsha Paperbacks Business 20)
成功本50冊「勝ち抜け」案内 How to Improve Your Reading Skills for Success in Life (Kobunsha Paperbacks Business (013))
10年後あなたの本棚に残るビジネス書100
ザ・チョイス―複雑さに惑わされるな!
成功本はムチャを言う!? (青春新書INTELLIGENCE (PI-209))


水野俊哉さんの、この本の発売記念セミナーを受講しました。

お金のことをもっと知らなくては・・・と特に最近になって痛感していたのですが、
あまりの情報量の多さに、何を読んだらよいのか?という私にはぴったりの本でした。

マネー本50冊が分類、紹介されています。

この本では、投資タイプを
ライオン、サル、カメ、ウサギ、ヒツジ
の5つに分け、それぞれのタイプにはどの本が適切かも書いてあります。
私は・・・カメタイプでした。まぁ当たっているかも。
実際は、カメ60%、ウサギ20%、ヒツジ%といったところでしょうか・・・。

最後には、多くのマネー本を読み解いた中から導いた「法則」も書かれています。

紹介されている本の中には、購入したのに積読状態のものもあり(/_;)
この本を参考に、今後きちんと読んでみようと思います。

セミナーのほうは、水野さんの初めてのセミナーだったそうです。
人数も限られていたので人が多すぎず、質問もしやすかったです。

「成功本・・・」シリーズも読んでいたのですが、
これだけたくさんの本を読み込み、体系的に書評にまとめるというのはすごい!
と思っていました。

お金、投資のことだけでなく、
本の読み方、書評のまとめ方や、
「ノートに書くこと」について、
それから、今後出される本についてなどなど、盛りだくさんの内容でした。
非常にためになりました。ありがとうございました(^^)

あと、おみやげ(?)にいただいた文房具。
これもセミナーの内容に関係あるのですが。
私がこれまで気に入って使っていたのと同じものもあり、
文房具好きとしては嬉しかったです。

この本の購入者キャンペーンもやっていますよ。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
思考のボトルネックを解除しよう!
思考のボトルネックを解除しよう!石川 和幸

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2008-08-18
売り上げランキング : 217
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


時間をうまく使ったり、勉強したりして得たものも、
それらのアウトプットを妨げる「何か」があった場合、効果が減少してしまいます。
この本では、その「何か」を「ボトルネック」と呼び、
ボトルネックの分類、説明、解消方法が書かれています。

思考のボトルネック
・知識のボトルネック(情報、手法、技能)
・選択のボトルネック(認識、選択、前提)
・生/活力のボトルネック(健康、習慣、好奇心)

のうち、自分にとっては何がボトルネックなんだろう?と思って読みました。

上記のうち、「知識のボトルネック」について、多くのページが割かれています。
個人的には、「手法」のボトルネックの解除方法について、これまでに知らなかったこと&これから使えそうなことが多く、ためになりました。

本文には例が多く、わかりやすかったですが、
知識のボトルネックについては、今、仕事とは関係なくおべんきょ中の画像編集ソフトについて置き換えると、より理解しやすかったです。

・「情報」は、ソフトにどういう機能があるかを知っている。
・「手法」は、機能を使うには、どの手順でソフトを操作するかがわかる。
・「技能」は、「こういう画像を作りたい」と思ったとき、どの機能をどう使えば作れるのかわかる。
現時点では、「情報」と「手法」の両方がボトルネックとなっていそうです(-.-)

このこと以外でも、「今やっていることでのボトルネックは何か?」
と意識して、それを解消していく方向に行動していくと、
「なんだか一生懸命やっているのに効果がない」
という状態が少なくなるのではないかと思います。

この本でのメインは、、「知識のボトルネック」だと思うのですが、
実は、読んでいて一番うなずいたのは「選択のボトルネック」でした。

「自分って何なのか、自分はどうなりたいのか」という柱がはっきりしていないと、
どの情報をインプットするか、それをどうやって活用するかが決まらないんですよね。

今まで受講したいくつかのセミナーでも、
言い方は違っても、結局ここに行きつくことが多いような気がします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。