ネット、読書、お昼寝、ときどきお仕事。インドアな毎日の中で、自分のアンテナに反応したこと。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
書く仕事入門―プロが語る書いて生きるための14のヒント 書いて暮らすことを考える
書く仕事入門―プロが語る書いて生きるための14のヒント 書いて暮らすことを考える
雷鳥社 2008-07
売り上げランキング : 204447

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


作家、ライター、エッセイスト、書道家・・・などなど
14人の「書く仕事」をしている人のインタビューをまとめた本です。

インタビューの他に、
「書く人生の歩み方」として、
それぞれの人が、子供の頃から書くこととどうかかわってきたか、
のエピソードが年表のように載っているのがおもしろかったです。

その中で、吉田豪さんへのインタビューが興味深かったです。
「コラムの花道」を毎週聴いてるからっていうのもあるけど。

そこに書かれていたことの一つ。
自分の向き不向きに気づき、
向いていることを見つけたら、それをとことん極めて、伸ばしていく。

私もいい歳なので、向いていること、苦手なことはだいたい把握しているつもりですが、向いていることに関しては、もっともっと極めていこうと思います。

「書く仕事」に焦点があたっていますが、読んでいて、
「書くこと」以上に、書くために「取材すること」も重要なんだなと感じました。

書く仕事って憧れです。
でも、仕事にならなくても、何か書いていたいです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
ネットで人生、変わりましたか?
ネットで人生、変わりましたか?岡田 有花

ソフトバンククリエイティブ 2007-06-01
売り上げランキング : 93161
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ITmedia Newsに過去に掲載された記事の中で、
ITにかかわる人にフォーカスしたインタビュー記事の一部をまとめたものです。
2003年のものから載っているので、時代の流れを感じながら読むことができます。

いつも使っているサービス、そのサービスを提供する会社ができるまでの物語を知ることができ、興味深く読めました。
私の場合、この本を読んで知ったサービスもあり、今度使ってみようと思ったものもあります。
個人的には、paperboy&co.の社長さんのお話が印象深かったです。

また、起業した人だけではなく、ネットにかかわったことで人生がこんな風に変わった、というエピソードが豊富で、楽しめました。

この本は、図書館で、タイトルにひかれて借りました。
私自身も、仕事でもプライベートでも、「ネットで人生が変わった」ってはっきりと言えるからです。

この本の元となった記事を書いた岡田有花さんへのインタビューも掲載されているのですが、そこで、
「人見知りで対面コミュニケーションが苦手なので、テキストコミュニケーションが求められるネット媒体はありがたかった。」とおっしゃっているところに共感しました。
もちろん、人とは直接会って話すことのほうが大事なのですが、
私の経験では、思ったことや伝えたいことを、パッっと言葉にして話すことがどうも苦手な人にとっては、少し考えてから書くことによって、言いたいことがわかってもらえる場合が多いのです。
だから、ネットに助けられてる面が大きいです。

この本を読んでから、ネットのほうで、ITmedia Newsの「ITは、いま」シリーズを読むようになりました。
こういうサイトで、単なるニュースではない記事があることを知ることができたのは、大きな発見でした。

私は、起業とか大きなことは考えていないのですが、
これからも、ネットで人生をより良くする、ちいさな経験を積み重ねていきたいです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
夢もゆとりもあきらめない わたし時間のつくり方
夢もゆとりもあきらめない わたし時間のつくり方金子 由紀子

アスペクト 2008-06-25
売り上げランキング : 2253

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
暮らしが変わる40の習慣
お部屋も心もすっきりする 持たない暮らし
シンプルに片づけて毎日スッキリ心地よく暮らす―早く帰りたい、ずっといたい家にするハッピー・ミニマム整理術
モノに振りまわされない! 片づけのコツ
ちょっとしたことでていねいに暮らせる45のコツ


金子由紀子さんの本は好きで、シンプルライフ、ていねいに暮らす、モノを減らす、といったテーマのものを読んだことがあります。
その金子さんの「時間術」の本ということで楽しみにして読みました。

[夢もゆとりもあきらめない わたし時間のつくり方]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。